目指せ教諭の一番星!私の熱いブログ活動!日本国内と海外での教員経験を活かし、子育て&インターで先生やってます。ラクして子どもとハッピーになろう!

読書感想文の本ならこれ!高校生におすすめのお金持ちになれる本

2018/08/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

夏休みが近付いてきましたね!

夏休みと言えば…??

そう!沢山の宿題!!うっわ。

嫌なのは学生だけじゃない。嬉しくないですよ教員だって…。休み明けの膨大な添削作業。そして子ども達が遊びたいことも知っています。

検索してこの記事を読んでくれている人は、きっと、「読書感想文に良い本で、高校生におすすめの本」を探したくてここにたどり着いたのではないかなーと思います。
そんな人達にちょっと自己紹介しますけど、私は中学校と高校の教員免許を持っていて、他にも色んな先生の免許を持っている、変わった先生です。趣味で先生やってます。仕事楽しいと人生も楽しいです。子ども達や学生達が、自分の好きなことを見つけて楽しく幸せに生きられるようにする、それが先生の仕事だと思って働いています。今やりたいなぁと思っている授業は、でんじろう先生みたいな楽しいサイエンスと、楽なお金の儲け方です。

はい、ちょっと変な先生がおすすめする読書感想文ぴったりの本!楽しいのを教えちゃうよ!

読書感想文の本が嫌い!それは悪いことじゃない!

読書感想文はまぁ、色々な関係各所の思惑がありまして…おすすめされる書籍が必ずしも素晴らしいとは限らないのです。ぶっちゃけて言うと、推薦図書を選んでいる団体と出版社と本屋が、売りたい・読んでほしい書籍を推すのですよ。本を売りたいんです。利益目的なところがあります。
だからね、正直な学生の皆さんは、「ふーん、これが推薦図書なんだぁ…。良い本なんだぁ。何とも思わないけど!」っていう感想を持っても全然構わないんですよ。人それぞれ、感想は違って当然です。

「この素晴らしい本を読んで、何も思わなかったのか!」とか偉そうな先生に言われても、気にしなくていいのだ!「学生全員があなたと同じ思考回路だと思っているんですか?」「常識を疑えない惰性だらけの脳みその方がヤバイっしょ」とでも反論しておけばいいです。

自分で本を選んで読んで感想文を書く、という課題ならば、良い本と出会うきっかけになるかもしれません。良い本を選べば、良いことを沢山教えてくれます。学校の先生や親も知らないこと、夢の叶え方も知ることができるんです。

でも、何を読んだらいいんだろう?そんな学生の皆さんに読んでいただきたい記事。

「これからの学生は知っておくと良い知識」が詰め込まれた、私のおすすめの本をご紹介します!私は他の先生と違って常識外れの頭のオカシイ先生なので、夏目漱石とか吉本ばななとか村上春樹とか、そういうありがちなのは勧めません。

楽しく簡単に読めて「おお!なるほど!」ってなる本を選びました。

テーマは、お金!

「嫌々ながら働いて日々頭を下げるのが男の仕事だぜ!」みたいに思っているサラリーマンの大人達を、「ダッセェ!」「あんな大人になりたくない」と感じている学生諸君!そうです、そんな大人になってはいけないのです。

将来あなたの力になってくれる、とっても良い本!

将来お金持ちになれるかも!?

金持ちゾウさん貧乏ゾウさん 仕事と人生の変わらない法則

関連記事英語を勉強する意味を聞かれたら?必要ない?

「金持ちゾウさん貧乏ゾウさん 仕事と人生の変わらない法則」 本田健著

これはお金や経済の基本的なことについて面白く学べるものがたりです。何と、小学校高学年くらいから理解できるような文章とストーリーになっています。中学生・高校生・大学生にも勿論おすすめですが、大人すらお金のことを分かっていない人は多いので、長時間労働をしている大人も読むべき一冊だと私は思います。

登場するのは、カネー村に住むゾウ達。

主役はナイーゾ。自分はパンが嫌いだけれど、父から受け継いだパン屋を仕方なくやっています。「好きなことをしたって仕事や人生はそんなにうまく行くわけないし、働くってこんなもんでしょ」…と諦めながら、日々嫌な仕事をこなして、汗を流してお金を稼いでいます。気が弱いけれど、奥さんと賢い息子と一緒に暮らしてささやかな幸せを感じています。

どうですか?この主役のナイーゾ、日本のよくいるサラリーマンだと思いませんか?「好きなことばかりしていてもだめ、きっと大人になって仕事をするようになればつらいことも沢山あって我慢しなきゃ!」みたいに自分に呪縛をかけているんです。それから、肉体と精神を削ってヘトヘトになりながら働くことで、お金を得られると思っているところもそっくりです。
こういう父親がいる家、結構多いんじゃないでしょうか?

そして周りの友だちは違うタイプのゾウ達。バリバリと自分のクリーニング店を拡大しようとするヤルーゾ、会社をクビになってしまって死のうとする気弱なヘルーゾ、そしてお金を稼ぐヤリ手のビジネスマンのトルーゾ。こういうキャラクター設定がすごくうまくて、日本によくいる社会人のタイプがモデルになっています。

ある日、カネー村にお金のことで大事件が起こります。それは「ヘッジホント」という投資システムのブームが急に押し寄せて、みんなこぞって投資しだしたのです。

投資って何だ???


投資というのは、将来を期待できそうなものにお金をかけること

今はビットコインとかの「仮想通貨」が流行っていますよね。聞いたことくらいならあるでしょう。今のうちに仮想通貨を買って持っておけば、数年後はもっと価値が高くなって、お金儲けができるかも!と思って、沢山の大人が仮想通貨を買っています。それも投資ってやつです。

スポンサーリンク

それとか…もっと分かりやすい例を出すなら、昔「秋葉原の土地」を買っておいた人がいたとします。昔の秋葉原は、家電製品が沢山売られていたオタクの街。今とはかなり雰囲気が違っていました。しかし、2000年代に秋元康がAKB48を作って秋葉原で活動させるようになると、前よりももっと沢山の人(アイドルになりたい人やファン達)が街に来るようになりました。今では、駅前に大きなヨドバシカメラも出来て、レストランも沢山あって、オタクだけでなく外国人旅行者やファミリーまで来るようになりました。さて、もし昔に秋葉原の土地を買っていた人が、今それを売ったとしたら…??土地の価値も値段も大きく変わっていることは分かりますね?そうやって土地・不動産を買ったり売ったりすること、それも投資です。

脱線したので、話を元に戻しますよ。

本の中では、仕事バリバリのトルーゾが「今のうちにこのヘッジホントにお金を入れておけば、近い将来うんとお金が増えて大金持ちになれるぞ!」と村のゾウ達に投資の話を持ち掛けます。みんなそれを信じてお金を払ってしまうのです。
投資したゾウ達は「後でお金が増えるから!」と言って急に羽振りが良くなり、沢山お金を使うようになりますが、後に逮捕者が出たりお金が無くなったり…バブルがはじけてとんでもない急展開が待っています。
急にお金の価値が急落して紙くずになったり、本に出てくる「キリギリシャ」という国が財政破綻をして首相が「他の国が助けてくれるよアハハ」と馬鹿なコメントしたり…現実でもあったことを風刺しながら、経済の仕組みを描いています。
そう、これは現実に起こったことと、これから起こりうることを、子どもにも分かりやすい文章で物語にしているのです。

貯金って何だ?銀行って何だ?

小学生も中学生も高校生も、みんな「貯金」は知っていますよね?

銀行っていう場所は、みんなの貯金を預かっている所なんですが、「全員が全部のお金を出すことなんて、どうせないだろう」「預けっぱなしだろう」「だから、お金を欲しがっている人に貸しちゃえ!」と考えていて、他の人にもその現金を貸しちゃうんです!

えーーー!!!それおかしくない?!?!

そう思うのも当然です!世の中には、本当は変なのに、みんなが信じ切っている仕組みというものがいくつもあって、銀行もちょっとおかしい仕組みなんです。それについても、この本では分かりやすく解説されています。

でも、本当に分かりやすいの??難しくないの??って思いますよね?(急に通販っぽくなってきた)

この本では、賢い子ゾウ達のために、村の大金持ちのアルーゾという老人のゾウが、「お金の授業」というものを開いているのです。すぐには答えを出さずに子ゾウ達が話し合ったりしながら、アルーゾが色々なことを教えて助けてくれます。

たまに、「キリギリシャの財政破綻」とか、大人になって理解できる風刺も交ざっていますが、それは分からなくてもストーリーは楽しめます。大丈夫!

仕事って何だ?

お金について知るには、仕事と稼ぎ方についても考える必要があります。この本では、お金の授業の中で、子ゾウ達とアルーゾがこんな風に話し合いをしています。

「パン屋はお金持ちになれないのかな?」
「たくさんパンを売ればいいんじゃない?」
「そんなに作れないよ」
「じゃあ、高くてもお金を払いたくなる、みんながほしがるパンを作ればいいんじゃない?」

その通り!

パンをたーーーーくさん焼いてたーーーくさん売ってへとへとに疲れても、お金持ちになれるとは限らないんです。お金と仕事のことを理解できれば、もっと楽にお金を稼いでお金持ちになれる可能性もあります。

まとめ お金持ちになるには?

関連記事夢見る子供のためには、大人とお金について一緒に学ぶべし?

この本を読めば、楽しくお金を稼いで幸せに暮らす方法が見えてきます。まぁでも、私なりに分かりやすく親切にまとめちゃいますよ。

・みんなが喜ぶにはどうするかを考える
・高いお金を払ってでもみんなが買いたくなるパンを作る
・そうすれば、少ないパンの数でもお金を稼げる
・そして、余裕のある時間を過ごして、家族や友だちと幸せに過ごす

そしてゾウ達で問題だったこと。それは、
・ヘッジホントという投資の仕組みがどんなものなのか理解していないのに、お金をつぎ込んでしまった
・お金さえあれば、何でも叶えられて幸せになれると思ってしまった

これは現実世界のビットコインの事件も同じです。
悪いのはお金でもないしビットコインでもない。よく分かってもいないのに沢山の素人が投資して、悪い人に盗まれてしまった。お金を稼ぐことが最終目標や夢なのではなく、お金は夢を叶える手段の一つなのだというのに気付けなかった…ただそれだけなのです。(現実世界で言うところの、「マウントゴックス」「コインチェック」という仮想通貨の会社のお金が盗られてしまったことと同じ)

お金を知れば、賢く幸せになれるよ!

あーーー、もう本の内容もまとめちゃったし、読書感想文に使えそうな文章いっぱい書いちゃいましたね。いいですよ、読んで使ってください。図書館なら無料で本読めるし、図書館に置いてなくても無料でリクエストして買ってもらえるんだから、是非この「金持ちゾウさん貧乏ゾウさん」読んでみてください。私には一円も入りませんが。

そして、学生の皆は、好きな仕事を選んで、楽しく働いて、楽にお金を稼いで、あまった時間で家族や恋人や友だちと幸せな時間を過ごす!それができる大人になってください!

ついでに言うと、読書感想文早くやっつけちゃって暇ができたら、もっと楽しい勉強法があるよ!
それはニンテンドーラボ!!!!!
自分で楽しく工作しながらロボット動かしたりできます。自由研究にもいいかもね。あとは自分でやってください(笑)

めろん

関連記事Youtuberになりたいと子どもが言ったらどうする?夢の応援の仕方

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブロカツ!インター先生の教育系ブログ活動! , 2018 All Rights Reserved.