目指せ教諭の一番星!私の熱いブログ活動!日本国内と海外での教員経験を活かし、子育て&インターで先生やってます。ラクして子どもとハッピーになろう!

絵本の読み聞かせ、効果は本物!?あの川島教授も太鼓判だった!

2019/02/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

絵本の読み聞かせが大事だとか、何となく良さそうとかいうのは分かるけれど…

はっきりと、「良さげな効果」って、出てるの!?

それをしっかり表してくださった教授がいるのです。

それは、数年前大ヒットを読んだゲーム「脳を鍛える大人のDSトレーニング」略して「脳トレ」の監修で一躍有名人になった、川島隆太教授(東北大学)です。

子育て中のあなたも!

妊娠中のあなたも!

保育士や幼稚園教諭のあなたも!
今すぐ子どもと絵本が読みたくなる?!

絵本の効果とは?

関連記事 全ての親子と先生達が、絶対今すぐ読むべき絵本はこれだ!

保育士や幼稚園教諭の間でも、何となぁ~く、ふわぁーっとした理解のまま止まっている場合も多いです。

「絵本の読み聞かせをすれば、子どもの言葉にいい…たぶん…」

でも、その曖昧な「何か良さそう、イイネ♪」ではなく、きちんと研究の結果が出されました。

「忙しい毎日の生活の中に、多少無理してでも読み聞かせの時間を作ることで、かえって子育てがラクになります」と断言するのは、人気ゲームシリーズ「脳トレ」の監修で有名な東北大学・川島隆太教授だ。逆に、いま流行りのスマホやテレビに子守をさせていると、時間的にはラクになったように思える代わりに、読み聞かせをする子育てに比べて親子関係が希薄になり、子育てストレスも増えるという。
今回、同教授の脳科学研究グループと山形県長井市との共同研究で、約40組の幼児とその家族を対象に読み聞かせ調査を行った。8週間にわたる読み聞かせ活動をはじめる前と後では、親と子にどのような変化が起こったのか。

参考・引用 東洋経済ONLINE「『本の読み聞かせ』が親子共に効果絶大な根拠」

これからは、自信を持って答えましょう!
「絵本の読み聞かせ」のメリットとは!

・子どもの言葉が増える
・子どもの問題行動が減る
・家族のストレスが減る

本当に?!?!

特に、「家族のストレスが減る」ってマ?!
「8週間の読み聞かせ」を行った親子が、研究の参加前と参加後にどう変化したのか??

驚きの研究結果が明らかになったので、解説いたします!

子どもの言葉が増える!?

これは、ご存知の方も多いと思われますが、絵本の読み聞かせは、子どもの語彙の向上にとても効果的です。

絵本から、色んな言葉や表現の仕方を学んでいくのですね。

ふーん、じゃあ、どれだけの効果があるの?!というのが、こちら!

画像引用元 東洋経済ONLINE・「本の読み方」で学力は決まる

このグラフは、「PVT-R絵画語い発達検査」という方法で、参加者の3~6歳(平均年齢4歳半)の子ども達が、「何歳レベルの語彙数に変化したのか」をまとめたものです。

参加前は「63ヶ月(5歳3ヶ月)」のレベルだった語彙数が、8週間の読み聞かせ生活を終えると「69ヶ月(5歳9ヶ月)」のレベルにまで上がったことが判明しました。

ちょっとピンとこない…??
絵本の読み聞かせを「2ヶ月」すると、「半年分」の語彙の成長がみられることになります!

これは、すごい!

英語を習得したい大人が2ヶ月のあいだ本を読んだら、半年分レベルアップした!みたいなものと考えたら超すごいですよね。

子どもの問題行動が減る?!

読み聞かせをして過ごした子どもは、言葉だけでなく態度や行動にも変化がみられたとのこと。

親から見た「子どもの変化」

画像引用元 東洋経済ONLINE・「本の読み方」で学力は決まる

これは、親から見て、子どもがどう変わったのかを表したもの。

 

・機嫌が悪くなるのが減った

・集中して落ち着くようになった

・親にべったりではなくなった

・周囲に敏感に反応することが減り大らかになった

 

…と読み取ることもできますね。
あくまで、親から見た子どもの変化なので、主観ではありますが。

子どもの聞く力

画像引用元 東洋経済ONLINE・「本の読み方」で学力は決まる

そしてこちらの表は、「子どもの聞く力」の変化を表したもの。

スポンサーリンク

聞く力は、「トークンテスト」という方法で測定されました。
幼児の目の前に、トークンという小さなブロックを置き、検査者の指示に従って、ブロックを動かすというもの。
はじめは簡単な指示から、次第に難しい指示になっていきます。
難しい指示を聞いて動かせる子どもほど、高得点が出るようになっています。
先ほどの語彙発達検査とは違い、「何ヶ月相当」ではなく、点数で結果が出されています。

相手の話を聞き、理解できているかが、テストの点数によって明らかになる訳ですね。

さて、8週間の読み聞かせを終えると、このテストの平均点は、66点くらいから80点近くに伸びています。
「平均点」なので、全体的に子ども達の点数は上がったということ。

これは「聞く力の向上に大きな効果がある」と言ってもよいでしょう。

関連記事 ストレス減って優しくなれそう!五味太郎さんの絵本♪

マジですか!?母親のストレスが減る?!

画像引用元 東洋経済ONLINE・「本の読み方」で学力は決まる

読み聞かせをした母親にも変化が見られたというのは、今までになかった発見ではないでしょうか。

これは、育児ストレスインデックス(PSI)というアンケート形式で行われる心理検査によって、出された数字です。

 

・子どもが騒いだり話を聞いてくれないなどの「子どもが原因になって発生するストレス」

・親自身の不健康などの「親が要因になって発生するストレス」

・そして総合的なストレス

 

を表していて、「子どもに対して感じるストレス」と「総合的なストレス」が大きく減っています。

画像引用元 東洋経済ONLINE・「本の読み方」で学力は決まる

母親のストレスが減ったのって、本当に、読み聞かせによるものなの?というのを証明するために、上の表も出されています。

読み聞かせの時間が多いほどストレスは少なくなる

というのがデータとして表されたようです。

子どもと読み聞かせの時間を持つことで、それが良いコミュニケーションになり、子どもはちょっと落ち着き、母親も子どもの多少のグズグズには寛容になるのでは??なんて私は思っています。

読み聞かせは、母親だけのものじゃない

さて、読み聞かせの効果が分かったところで、幼児教育従事者としての私の個人的意見です。

ご紹介した実験は、「母親」と子どもを対象にしています。
また、「スマホ育児は今だけラクだけど、後になってラクになってくるのは絵本」「多少無理してでも絵本を」との記述も、東洋経済オンラインにはあります。

しかし、

核家族の共働き家庭が増え母親は大きな負担を背負っていること、
父親も長時間労働で拘束されて育児環境に不在であること、
多様な家族のあり方が存在するということ、
時代によって教育や子ども観は常に変化していること、

これらは実験に考慮されておりません。
そこまで求めるつもりは勿論ないですし、あくまで「読み聞かせが脳にどう影響するか」という「脳科学」の観点から研究されたものと私は認識しています。

この実験結果から、

「母親の私が、頑張って絵本を読まなきゃ!」

と毎日イライラして、追い詰められないでいただきたい。
「ふーん、面白い、やってみようかな」程度の興味が出たら、やってみてください。
そして母親だけでなく、父親や、その他の家族や、クラスの先生達も、読み聞かせも子育てもみんなで一緒にやりましょう。

体温が上がってから下がる時に、子どもは眠りやすくなりますので、お風呂に長めに浸かりながら、防水加工の絵本を読んであげるとかもいいかもしれませんね。

それに、時代によって育児も教育も変わりますので、スマホやIT機器とのお付き合いは必須です。
スマホで、子どもの好きな音楽をかけて一緒に踊るとか、興味のある花や虫や乗り物の動画を見るとか、お友達とビデオ通話するとか、大事なのは使い方。
文明の機器を、やたら育児や教育の敵にするのは、学びの機会を失うことになりますから。
子どもも、大人も、教員や保育士も、新しいものへの適応力が必須です。

まとめ

関連記事 こんな学校に行きたい!スマホで通学できちゃう〇高とは?

絵本の読み聞かせの効果、新たな事実に驚きですね。

 

・子どもの言葉が増える

・子どもの聞く力がつく

・子どもに落ち着きが出てくる

・親のストレスが減る

 

何となく絵本がいいのは知ってるけれど…という保育士や幼稚園教諭の方は、上記のように保護者にお話しするのもよいでしょう。

しかし注意!

 

「お母さんが絵本を読んであげないから落ち着きがないんじゃないですか?」

なんて言い方や考え方は絶対にNGです。

 

母親のみに負担を押しつける言い方や、子どもの言動は何でも親のせいという言い方をしてしまうこと。

これらは避けていただきたいです。

子どもは、親の言いなりの所有物ではなく、親とは全く違う一人の人間なのですから。

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

Comment

  1. Jun より:

    フォントサイズや行間、そして文字色などよく考えられていて、非常に読みやすかったです!
    内容含め、すごく良くなっていると感じました!
    今後の記事も楽しみにしてます^ ^

    • めろん より:

      まさかコメントをいただけるとは思っていませんでした!
      嬉しいです。ありがとうございます。

      junさんの記事、本当に参考になりました。
      「こんな方におすすめです」みたいに、記事の中にペルソナ像を明記されていたり、分かりやすくポイントをおさらいしていたり。
      そうか、こういうのが読みやすい記事というのか、と学びました!
      それに気づけたのも、今の自分が過去より成長している証ですね。

      他のブログ仲間の方々の記事を最近読んでみたんですが、書き方は今も模索中です。
      これからも良きライバルとしてブログの育成がんばりましょうね!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブロカツ!インター先生の教育系ブログ活動! , 2019 All Rights Reserved.