目指せ教諭の一番星!私の熱いブログ活動!日本国内と海外での教員経験を活かし、子育て&インターで先生やってます。ラクして子どもとハッピーになろう!

母乳とミルクはどっちでもいい?愛着理論をアイカツで解説!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

「母乳?ミルク?どっちで育ててるの?」

赤ちゃんを連れて歩くと、見知らぬ人から、こう聞かれたことがある母親は多いと思います。産後で身も心も疲弊しきっている世の中の母親は、その発言でどれだけ追い込まれたことでしょうか。

ハーロウの愛着理論を学べば、そんなのどっちだってよくなります。

本当に母乳って最高なの?!?!

関連記事 nohana(ノハナ)のアプリ!アルバム作成が授乳の片手間でできる?

赤ちゃん連れで歩いていると、見知らぬ人からよく声を掛けられます。
おじいさんおばあさんは、きっと、自分の子育ての時代を振り返って、赤ちゃんもう一度抱っこしたいなぁ…可愛いなぁ…なんて気持ちで話しかけてくださっているのかなと思います。
で、よく言われるのが、「母乳なの?!ちゃんと出てる?!あらー、じゃあ良かったわね!」ということ。

そこまで気にしていなかったけれど、この母乳が出てるか出てないかを聞くのって、そこそこデリケートな問題なのではないか??と思うようになりました。

私の場合は、我が子の出産が2週間遅れ、正期産ではなく過期産でした。出産を促すために必死で毎日おっぱいマッサージをした結果…出産前から既に母乳がそこそこ出るようになり、出産後はシャワーのような状態に…。慣れていない時期は、服はびしょびしょでかぶれて痒いし、赤ちゃんも母乳の勢いがあり過ぎて気管に入るのですぐ誤嚥性肺炎になるし、母乳が出た分だけ自分は消耗するので酷い貧血になる…。という毎日でへとへとでした。

あれれ?でも母乳って良いんだよね?私、結構、辛いんですけど…?!?!

別にそこまで母乳にこだわってるわけでもないし、ただ出ちゃうから与えてるんだけど、何だろうこの母乳で頑張りましょうみたいな雰囲気は…しんどいなぁ…と思うようになりました。

「母乳はミルクより良い!」との思い込みが世間一般にあるようなので、私よりも、母乳が出ずにミルク育児を選んだ人は、もっとつらい思いを抱えているかもしれません。
本当は、どちらも大変で、みんな目の前の赤ちゃんのことで必死に頑張っているんですが。

 

さて、私の好きなアニメ「アイカツスターズ!」で、何でもできてパーフェクトなアイドルだと言われていたエルザさん。彼女は下記の発言をしています。

 

エルザさんの母親もまたアイドルだったのです。忙しく世界を飛び回る母親に認められたくて、パーフェクトなアイドルになろうと邁進していたのです。褒められ、抱きしめてもらいたい、ただその一心でトップアイドルを目指していたんですね。

1年間アイカツスターズの星のツバサ編を見ていて、私が教育者として頭に浮かんだものは、そう!

「ハーロウのアカゲザルの実験」です。

心理学者ハーロウによる愛着の実験って何?

ハーロウ(Harry Harlow)は、アメリカの心理学者。乳幼児期の人間の愛着について実証するために、アカゲザルの赤ちゃんを実験に使いました。保育科や教育学科の学生は必ず心理学で習う重要項目です。

どんな実験かというと…。

スポンサーリンク

アカゲザルの赤ちゃんに、2種類の人形、つまり「代理母」を用意します。
1つは、針金でできていて、ミルクが出るようになっている固い「ハードマザー」。もう1つは、ミルクは出ないけど、柔らかいタオルでできている「ソフトマザー」。サルっぽい形にして、一応顔もついてます。ぬいぐるみみたいな感じです。

この2つの代理母がいる空間に、アカゲザルの赤ちゃんを過ごさせると、どうなるのか、という実験をしたのです。

お腹が空いた時は、ハードマザーのところでミルクを飲みます。しかし、それ以外の時間は、ソフトマザーにしがみついて過ごすのです。動くおもちゃを見ると、ビクッとして、ソフトマザーにしがみつきます。

実験後、このアカゲザルは成長しましたが、情緒が不安定な様子が見られ、他のサルと打ち解けられなかったり、攻撃的になったりしたとのこと。

この実験で分かることは何か

赤ちゃんは、柔らかく温かいもの、安心感を求めているということ。
また、乳幼児期のスキンシップの有無が、大人になってからも影響を及ぼす恐れがあるということ。

これはアカゲザルの実験ですが、人間の赤ちゃんにも同じことが言えるのではないかと言われています。

・空腹を満たすことは勿論大切。
・大事なのは母乳か人工乳か、ではない。
・赤ちゃんは身近な人の温もりとスキンシップを求めている。

だから、母乳が出なくて悩む必要なんてないんです。「抱き癖がつく」なんて、くだらないことを言っていないでいいんです!たくさんスキンシップをしてほしいのです。短い幼少期、めいっぱい抱っこして可愛がってほしいのです。

倫理的に、人間の赤ちゃんを対象にしてこのような実験ができないから、サルで実験をしたのでしょう。しかし、相手がサルであっても、生き物に酷な実験をしてしまい、ハーロウは批判を浴びました。幼少期の生育環境は一生を左右すると言っても過言ではありませんから、このサルにとってもこの実験は一大事だったのです。

さて、ちょっとアイカツに戻ります。

誰もが認めるパーフェクトなアイドルのエルザさんは、忙しいお母様に抱きしめてもらえず、寂しい思いを抱えてずーーーーーっと過ごしていました。主人公ゆめちゃんとの勝負には負けたけれど、でも、これは負けじゃないんです。ずっと願っていた、お母様からのハグと、「パーフェクトな娘よ」の誉め言葉をもらったのですから。

ハグだけじゃなくて、この発言もとっても大事です!!!今まで自分をひたすら鼓舞していた娘を、このたった一言で救った訳です!たくさんのファンや他のアイドルからのラブコールも、この一言には敵いませんよ。お母様は絶対的な味方であるという確証が、エルザさんには何よりも嬉しかったのです。

まとめ

関連記事 「わたしがすき」―自信のある子どもに育てるための絵本とは?

・大事なのは母乳かミルクか、ではない
・赤ちゃんが欲しているのは、スキンシップや温もり

母親に限らず、周囲の大人との愛着関係が必要です。父親、祖父母の方も、日々これを意識して、子ども達とスキンシップをとって関わっていけるといいですね。

たくさんスキンシップをとって安定した子どもは、きっと自信に溢れて、幸せで、何事にもチャレンジできる輝く人になっていけることでしょう。

めろん

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブロカツ!インター先生の教育系ブログ活動! , 2018 All Rights Reserved.