目指せ教諭の一番星!私の熱いブログ活動!日本国内と海外での教員経験を活かし、子育て&インターで先生やってます。ラクして子どもとハッピーになろう!

絵本の仕掛けで楽しく読める!お手頃な仕掛け絵本のすすめ

2018/08/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

教育者として色んな資格を持っている私ですが、今まで沢山の絵本に出合いました。
私が読み聞かせているものは当然私が気に入って選んだものですが、その中から教え子や我が子からの反応が良かったもの…。それは仕掛け絵本です。

仕掛け絵本って、お値段は高いものが多いけれど、絵本の薄さの中に楽しいおもちゃ要素が詰め込まれていて、わくわくできる特別な本なんですよ。だから私は仕掛け絵本が好きで、図書館や本屋でも仕掛け絵本コーナーは長居をしてしまいます。
お家で楽しんで触れ合いのひとときにするもよし、荷物に忍ばせれば公共の場所で子どもが愚図ってしまった時等に重宝することでしょう。

仕掛け絵本って高いものは結構お値段がするのですが、お手頃価格で楽しめるものをご紹介します。

定番仕掛け絵本

関連記事 強い子を育てる秘訣は笑顔?大人の表情が子どもの未来を決める?

「いないいないばああそび」  木村裕一

新生児期から見せていましたが、一歳になった最近は「いないいないー」と言うと、子どもも自分でめくりながら「ばあ」と言うようになりました。成長を感じます。とにかく楽しく遊びたい時の一冊。低月齢からOK!

木村さんのこのシリーズは仕掛け絵本でもお手頃で、子どもの生活に合わせた親しみやすい内容でおすすめばかりです。

「ごあいさつあそび」 木村裕一

最近、我が子がちっこい頭を上げ下げするようになりました。小さい子の一生懸命のお辞儀はとても可愛い!

「いいおへんじできるかな」 木村裕一

一緒に「はーい」ってやってくれます。誉めるとかなり嬉しいみたいで、何回でもやってくれるようになります。
どれもしつけのために読んであげよう!と意気込むのではなく、とにかく楽しんで一緒に読むことが大事です。子どもはこの仕掛けと繰り返しのやりとりが好きなんです。

赤ちゃんも幼児も楽しめる絵本

「まどからおくりもの」  五味太郎

created by Rinker
¥1,080 (2018/12/11 14:16:18時点 Amazon調べ-詳細)

慌てん坊な勘違いサンタさんのプレゼントのチョイスが楽しいお話。これは幼児から小学生まで、長く楽しめるお買い得感たっぷりの絵本です。幼児は仕掛けをわくわくしながら楽しみ、小学生はサンタさんのとんちんかんぶりを楽しめます。自分が幼稚園児だった時も、これがお気にいりで何回も読んでいました。我が子ぶどうも、季節問わずこれを読んでいます。

勘違いのまま渡したプレゼントを、「間違えたんだからふさわしい相手に渡しなおして…」と交換して話を丸くおさめるのではなく、「意外なの来たけどなかなかいいね!」みたいに、ちゃんと皆がプレゼントを気に入っている描写が、五味さんらしい。やさしい寛容な世界ですね。

スポンサーリンク

「きいろいのはちょうちょ」 五味太郎

年少くらいから楽しめる絵本。黄色いちょうちょを追いかけているはずが、ページをめくると違うものになっていてびっくりするお話です。発想がすごい!こういう勘違いが繰り出す面白さや仕掛けのセンスは、五味さんならでは。五味さんの絵本は小学生になっても笑って楽しめるものが多いです。

「とうさんまいご」 五味太郎

created by Rinker
¥1,296 (2018/12/11 14:16:19時点 Amazon調べ-詳細)

上二冊に比べてややマイナーな印象の絵本。年中くらいから楽しめます。きいろいのはちょうちょとテイストが似ています。デパートではぐれてしまったとうさんを探していたら…次のページが楽しみで、どんどんめくりたくなりますよ。子どもの目線や感性を大事にする五味さんの絵本ですから、まいごなのは子どもじゃなくて、お父さんなんですよね。

「はらぺこあおむし」 エリック・カール

created by Rinker
¥1,296 (2018/12/11 14:16:20時点 Amazon調べ-詳細)

かなり有名なお話で、動画サイトには歌もありますので、歌いながら合わせてページをめくるのも喜びますよ。はらぺこなあおむしが色々な食べ物を食べるのですが、そこに穴が開いている仕掛け絵本です。誰に言われなくとも子どもはそこに指を突っ込みます。色が鮮やかで、視覚を刺激して話に惹き込まれること必至です。

ちょっと豪華に!音の出る絵本

「ドンドン!わっしょい!あっぱれおまつりたいこえほん」

こんな素晴らしい仕掛け絵本があるなんて!と感動しました。楽しい童謡が流れて、それに合わせて太鼓を叩くとドンドコと音が鳴るようになっています。太鼓とバチ二本と選曲ボタンと効果音の出るちょうちんがあります。一歳でも楽しめます。興奮間違いなしです。お高めですが、お値段以上の遊びのお供になりますよ。バチ無しで手で叩く太鼓絵本もありますが、やっぱりこのバチが特別感があって子どもはワクワクするんですよね。バチ付き、おすすめです。

まとめ

関連記事 絵本探しに、絵本専門店へお出かけしませんか?

仕掛け絵本は、視覚から興味を持つ子どもにとっては注目度が高く、読めばきっとお気に入りになってくれることでしょう。

本が好きな賢いお子様に育てたい保護者の方は、まずは仕掛け絵本で興味を育ててはいかがですか?

めろん

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブロカツ!インター先生の教育系ブログ活動! , 2018 All Rights Reserved.