目指せ教諭の一番星!私の熱いブログ活動!日本国内と海外での教員経験を活かし、子育て&インターで先生やってます。ラクして子どもとハッピーになろう!

幼稚園面接の模範解答とメリット?のびのび自由保育かお勉強系か…

2018/05/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Pocket

スポンサーリンク

ネットでは、「のびのび系とお勉強系のどちらがよいか…」との論争(?)をよく目にします。一言で言えば、結局は家庭の方針次第です。

私は、超!!!お勉強系の幼稚園とゆったり自由保育の保育所のどちらにも勤務した経験がありますので、メリットデメリットは認識しています。お勉強系幼稚園の時は、上の立場だったので入園面接も行い、様々なご家庭とお話ししました。

 

はい、以下、雑な説明です。

自由保育と一斉保育って?

・「のびのび系」とは

「自由保育」の園のこと。各々が好きな遊びをして過ごします。元気いっぱいです。座って過ごすのが好きな子は絵本を読んだりカードで遊んだりしてもいいので、外で走り回って遊ぶ子だけが楽しめる保育ではありません。やりたいことを自分で見つけて選ぶ、この決断力の日々の積み重ねが大人になって結構重要になってきます。

・「お勉強系」とは

挨拶・外国語・文字・算数・体育・音楽等の知育的なカリキュラムを設定している園。学校のように、皆が同時に同じことをする「一斉保育」をします。椅子に座って活動することも多く、小学校に入学後にも静かに座って授業に参加できる子が多い傾向にあります。しかし一概に座ってばかりという保育内容でもなく、鼓笛隊やヨコミネ式の体育や二部合唱等、体全体を使って高度なものに挑戦する園もあります。

 

そして、次は結構大事です。

 

よく言われた質問…幼稚園面接の模範解答?

 

これから、お勉強系幼稚園に入れたいと思っている保護者や、そういう園で働きたい幼稚園教諭や保育士は、是非読んでほしいです。

 

バリバリお勉強系の幼稚園で働いていた時、すごくよく言われた質問があります。それは…。

「こんなに色々頑張らせて、子ども達、かわいそうじゃないですか??」

 

まあね!!!!!

 

大体この手の園は、本当に色んなことに手を出します。漢字、絵画、英語、中国語、ピアニカ、リコーダー、跳び箱、縄跳び、鉄棒、算数、理科、モンテッソーリ…。それをやる教員、めっちゃ勉強しますから。くそ大変です!!

子ども達に、いかに楽しそうなものをこれからやるか、という「導入」がカギです。そして意欲をかきたてる「ほめ方」、子ども達に分かりやすく伝える「指導力」も必要です。

そしてアカデミックなものを求める保護者へ、分かりやすく・見栄えの良い結果を見せる「プロデュース力」が教員に求められます。この見栄えっていうのがね…なんと形容したらよいのか…切ないですよね。

子ども達は、教員の手腕次第で、これらのプログラムを見て「すごい!やってみたい!」「楽しそう!」となるし、反対に「つらい」「先生怖くて嫌だ」となります。

スポンサーリンク

 

「子どもの時期に、自分の好きなことを見つけて楽しむ、それも勿論ありです。しかしそれは、大人が用意した環境の範囲内での自由。子どもにチャンスを与え、色々なことに出合えるようにする大人のサポートがあれば、もっと楽しいこと・その子どもにぴったりのことに出合えるかもしれません。沢山のプログラムを用意し、選択肢が多くなるように可能性を広げていく、これこそがお勉強系幼稚園の強みです。」

また、

「幼児期は、やってみたいと思えることにすぐ突進する情熱と意欲があります。漢字が書けたら嬉しい、クッキーで足し算が分かるようになって嬉しい、英語が少し分かるようになって楽しい…何でも楽しくゲーム感覚で学び挑戦できる時期なのです。(むしろ小学校以降の授業のやり方がつまらないだけかもしれないけれど。)得意なことができたことで喜びと自信を持ち、学ぶことは決して退屈なものではないと知ること、その学びの態度を養うことができればお勉強系幼稚園はとても有意義なものになります。」

 

はい。これがお勉強幼稚園のメリットであり、「こんなにお勉強させてかわいそうじゃない?」の質問の理想的な回答です。

これに同意できる方は是非、お子様の入園を志望、もしくはご自身の就職を検討されてはいかがでしょうか??

 

それともう一つ!

就職する側にもメリットはあります

子ども達に指導する前に自分も勉強する必要があるので、それは大変です。毎日が勉強です。しかし、こういう園での経験も無駄ではないと私は確信しています。

フリーランスでベビーシッターをすると時給が上がるのです!!!それは自分の市場価値ともとれます。

さて、それはどういうことか。それは先日某エモンさんがtwitterで発言して話題を呼んだ「保育士は誰にでもできるから給与が安い」という件。感情論ではなく、市場原理の話です。

こういう園で英語や漢字教育や合唱合奏やモンテッソーリ等の指導経験があり「しっかり教育できるスキルがある保育士・教諭」の場合は、「普通の保育士」よりも「付加価値」と「希少性」があります。そう思えば保護者は、より高い金額を払ってその先生にお願いしたいとなるのが当然です。裕福層の保護者が、高い報酬を払ってこういう保育士を求めることもあり、高給保育士になることも夢ではありません。

高給を目指す保育士・幼稚園教諭の方は、是非挑戦されるとよいと思います。

 

自由保育と一斉保育のどちらも経験した私だからこそ分かることや見えることがあり、今の教育観・保育観が出来上がっています。その上で海外でも経験を積めば、きっともっと世界が広がりますよ。

 

めろん

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ブロカツ!インター先生の教育系ブログ活動! , 2018 All Rights Reserved.